子育て中の主婦にもできる在宅ワークはWebライターがおすすめ

子育て中の主婦にもできる在宅ワークはWebライターがおすすめ

子育て中の主婦から、近年人気を集めている仕事に「Webライター」という働き方があります。人気を集めている理由には、「場所を選ばず仕事ができる」といった点があげられます。

とくに子どもが幼少期であれば、「働きたくても働けない」あるいは「育児や家事と仕事の両立が難しい」といった理由で、外で働くことを断念せざるを得ないのが実情です。

しかし、Webライターとして仕事ができるようになると、手に職をつけながらキャリアアップを図ると同時に、子育てと仕事の両立が可能になるのです。
ここでは、子育て中の主婦にもできる在宅ワークとしてWebライターの働き方を紹介します。

Webライターってどんな仕事?

ライターと聞くと、新聞や雑誌などの紙媒体の記事を書く仕事をイメージしがちです。
Webライターとは、Webサイト上の記事を書くことが仕事になります。Webライターになるには、とくに必要な資格はなく、場所を選ばずに仕事ができるので主婦に人気の仕事です。

Webライターになる方法と仕事の探し方

Webライター未経験者が仕事を始める方法はとしては、クラウドソーシングサイトに登録して、自分が書けそうな案件に応募することが一般的です。

求人サイトでもWebライターの募集はありますが、未経験者が採用されることは簡単ではありません。
まずはクラウトソーシングでWebライターとしての経験を積み、スキルを上げることが好ましいです。

Webライターの需要は年々高まってきており、クラウドソーシングサイトでも多くの人求人が出ています。
まずはサイトに登録し、未経験者でも書けそうな記事から次々と挑戦していきましょう。

Webライターの収入・記事一本当たりの相場は

クラウドソーシングサイトでは1文字あたりの単価が0.5~1円程度が主流です。

1000文字の記事で時給換算すると、1時間で1文字0.5円の記事を作成すれば時給は500円です。
1文字1円での記事であれば時給は1000円になります。
時給に換算すると、0.5円と1円では大きく変わってきます。

未経験者が初めから単価1円、2円の記事を書くことは簡単ではありません。
しかし、良い記事を書けるようになれば単価が上がる可能性は大いにあります。
自信をもって記事を書けるようになったら既存のクライアントの値上げの交渉をしてみましょう。
または、値上げが難しければ単価の高い別のクライアントを見つけるのも一つの手です。

Webライターとしての自信と経験があるのであれば、記事の価値が上がるのは当然のことです。自信をもって交渉しましょう。
Webライターとして稼ぐには単価アップは重要です。

子育て中の主婦にWebライターをおすすめする理由

在宅Webライターの仕事は、働く子育て中の女性が抱える「子育てと仕事の両立」という問題について、負担を軽くしてくれます。

子供と一緒に過ごす時間を増やすこと、急な体調不良に迅速に対応すること、子供の長期休暇中の預け先。どれも子育て中の女性を悩ませる問題です。

在宅ワークの場合、仕事の時間や場所を選びません。たとえば、こどもが急に体調不良になっても病院に連れて行くなど、柔軟に対応できます。家でこどもが寝ている間に仕事をすることも可能です。

また、在宅ワークは通勤時間が必要ないため、その分家事や子供の世話に時間をつかうことができます。

育児に家事とやらなければならないことがたくさんある主婦こそ、在宅ワークに挑戦するべきです。
子育てしながら働く女性は年々増加傾向にあります。2016年には女性の労働力増加やキャリアアップを図るため、女性が働きやすい社会にしようと女性活躍推進法が施行されました。
とはいえ、女性活躍推進法の恩恵を受けているのはほんの一部だけでまだまだ子育て中の女性が働きやすいとは言い難い世の中です。

主婦にとってワークライフバランスを最も取りやすい仕事が在宅ワークなのです。
在宅ワークの中でもWebライティングは資格や特別なスキルを必要とせず始めることができるので、家で働きたい主婦にとって最良の仕事だといえます。

在宅Webライターになって仕事と家庭のワークライフバランスを保つ

同時に複数の案件を請け負うことが多いWebライターは、納期や進捗状況の確認を怠らないようスケジュール管理を行わなければなりません。
つまり、スケジュールさえしっかり管理できれば、クライアントに迷惑をかけることなく仕事を休むことが可能です。
たとえば、子供が急病で日中仕事ができない日でも、在宅ワークであれば子供が寝た後にその日の分の仕事をすることができます。スケジュールの融通が利くのが主婦にうれしいポイントです。

在宅ワークに出勤時間という概念がないということは、子供を保育園や学校に送った後、1時間は家事の時間、15時には仕事を終わらせて夕飯の支度をするという風に自分でスケジュールを組むこともできます。

在宅ワークであれば自分の裁量で仕事を進めることができます。子供の長期休みや体調に合わせて請け負う仕事量を調整することができ、子育てと仕事とのバランスがとりやすくなります。

働く時間や場所を選ばないワークスタイル

夏休みなど学校の長期休みの期間は仕事量を減らして思い切り子供と遊び、学校が始まれば毎日フルで働く。という風に、家族に合わせて仕事ができるのがWebライターの素晴らしさです。
会社員ではそこまで自由に働くことは今の日本ではまだ難しいのではないでしょうか。

働く場所を選ばないということは、旅行先でも外出先でも仕事ができるということです。

実際、パソコン一台持って海外に行き旅をしながら記事を書くWebライターもいます。外出先でもスマホがあればメールの返信くらいは簡単にできます。
インターネットにつながる環境さえあれば世界中どこにいても仕事ができるのです。

Webライターで稼げる人と稼げない人の違いとは

Webライターになるための間口は広く、未経験者でも始めることはできます。
しかし、誰にでも始めることができる=誰にでも稼げるかというとそうではありません。
月2万円稼ぎたいのか、月20万円稼ぎたいのか、それによって仕事への取り組み方は大きく変わってきます。

稼ぐライターが数多くいる中、稼げない人はなぜ稼げないのでしょう。そして高収入を得るためにはどうすればよいのでしょうか。

Webライターにとって大切なのはクライアントとの信頼関係

クライアントが「仕事を頼みたい」と思うWebライターは「信頼できるライター」です。いい記事を書くことは前提で、同じようなスキルを持ったライターであれば当然信頼できる方に仕事の依頼をします。

「依頼通りに求められた仕事を、納期までにきちんと終えること」を積み重ねていけば、信頼関係は自然と生まれていきます。

顔が見えない在宅ワークだからこそ、責任感を持って仕事をするという意識がとても大切です。納期は必ず守る、連絡のレスポンスは迅速に行うといった社会人としての最低限のルールやマナーはしっかりと守りましょう。
在宅ワーカーであっても会社員であっても社会人としての「責任」はしっかりと果さなければなりません。

請け負った仕事に責任を持ちまじめにこつこつと記事を書けば、単価はおのずと上がっていきます。

ライティングの技術を学びほかのWebライターとの差をつける

Webライターで稼ぐ人は、ライティングのルールやWebライターとしてのノウハウを学んでいます。
文章を書くことが好きな人であれば、未経験者であってもすらすらとテーマに沿った記事が書けるでしょう。
しかし、ただ記事を書くこととライティングのルールに沿った記事を書くのでは全く内容が違ってきます。

読みやすい文章には、正しい文法や句読点を打つ位置、接続詞の使い方といった細かなルールがあります。
ルールに忠実な記事を書くことによってより多くの人に読んでもらえる記事を書くことができるのです。

執筆する上での細かなルール、そして、仕事の探し方やライティング作業の進め方といったWebライターとして仕事をするためのノウハウを学ぶことで、より多くの人に読んでもらえる質のいい記事が書けるようになります。

今の自分のスキルや収入に満足せず、Webライターとしての収入を増やすためには努力が必要です。
稼げるWebライターになるためには、学び続けライティングに関する知識を増やすことです。

子育て中の主婦でもWebライターになって稼ぐことはできる

Webライターの仕事が未経験で自信がないという方は、まずクラウドソーシングサイトに登録し「書けそう」と思える案件から始めていきましょう。未経験から始めてもスキルを積めば着実に収入へとつながっていきます。

さらに、得意なジャンルを選んで記事を書いていくことで、楽しみながら収入を得ることができます。
まずは月1~3万円ほど、お小遣い程度の収入からであればハードルはさほど高くありません。まずは低単価でも仕事を受け、徐々に単価を上げていけば生計を立てられるほどの収入を得ることも可能です。
ライティングの腕を磨く努力を続け、請け負った仕事には責任をもつこと。そうすればおのずといい結果はついてきます。

近年はインターネットが発達し、主婦の間でも様々な在宅ワークが広がっています。
中でもWebライターは未経験者でもできる始めやすさ、パソコンさえあれば初期費用は掛からない手軽さ、時間や場所を選ばないということ。子育て中の主婦が仕事をする上で抱える問題をクリアにしてくれる職業です。
仕事量や時間といった働き方を選択できるWebライターの仕事には無限の可能性が広がっています。

Webライターカテゴリの最新記事